専門的なことを学ぶことができる

園児と先生

最近は、大学生の数が増えている傾向にあります。昔は、大学進学率は50パーセントを上回ることはりませんでしたが、2019年の段階ですでに50パーセントを上回っています。これにより、大学もファン義務教育化しているといってよいでしょう。ただ、大学で学ぶ内容は人によってそれぞれ違いがあります。例えば幼稚園教諭になる場合も大学を出ている例が少なくありません。幼稚園教諭が人気の理由は、自分の好きな仕事をすることができるからでしょう。特に女性は、母性本能があるため小さな子供を好む傾向があります。幼稚園の先生のほとんどが女性なのもそのためといえるでしょう。学校では、子供と接するときの基本などを学ぶことができより幼稚園に就職しやすくなるでしょう。

職場を選びやすくなる

幼稚園教諭になる場合は、決して大学を出なければいけない訳ではありません。しかしながら、それでも大学を出た方がよい理由は、より多くの就職先を選ぶことができる点です。基本的に、幼稚園の先生の資格は、卒業と同時にとれるところが多いです。これは何も、大学だけでなく専門学校や短大でも同じように資格を取得することができます。この中で、専門学校の場合は就職先が少し少ない傾向があるでしょう。次に、短大は専門学校より就職先が多いですが、それでも大学と比べてしまうとやはり就職先が少なくなる傾向があります。幼稚園の方が、四年生の学校を出ている人を優遇するところならば、4年制の大学に入った方が有利になるのは間違いありません。

ピアノなども教えてくれる

これから幼稚園教諭を目指す場合には、しっかりと知った技術や知識を身につけておく必要があります。幼稚園の先生になるためには、ピアノを弾けることが大前提です。朝のあいさつや帰りの会などでピアノ演奏している姿を思い出せる人も多いはずです。このように考えれば、ピアノを弾けることが先生になるための最低限の条件といっても過言ではありません。では、大学に入るまでにピアノを弾いたことがない人はどうかといえば、大学によっても異なりますが、たいていのところは基本の基本から教えてくれます。ピアノ弾くといっても、それほど高いレベルのものを引ける必要はありません。必要最低限のものを聞くことができればそれだけで幼稚園の先生を務めることができるでしょう。このように、ピアノが弾ける人は就職に有利になりますが、大学に入るまで鍵盤すらほとんど触ったことがない人でも大学に入って新たに学ぶことができますので、安心して通うことが可能になります。

広告募集中